三塩菜摘のブログ

2020年10月、愛知・岡崎市議会議員選挙に3918票で当選(平成生まれ・最年少)。不登校からアメリカ留学、ベトナム就職、岡崎市NPOを経て起業、そして政治団体を設立。もっと希望を持って社会に羽ばたいていける若者が育つ環境を作るために!とある28歳の挑戦記録です。

三塩菜摘のブログ イメージ画像

応援の声

株式会社リクルートキャリア、株式会社manma 越智未空さんから応援メッセージをいただきました。誰かの起点ではなく、なつみさんにしかない起点でなつみさんの在り方を心から尊敬しています。「こうあるべき」や「みんなこうしてるから」という誰かの起点ではなく、なつみさ

東栄町観光まちづくり協会 職員 伊藤拓真さんから応援メッセージをいただきました。目の前の社会を変えていく、大きな1歩僕が地元東栄町へ戻ってくるきっかけにもなった三塩さんの活動。それからのご縁で、少し離れたフィールドではあるものの同じ愛知県内で、常に前を見て

さくらと福岡市の向上を目指す会 浅香 さくらさんから応援メッセージをいただきました。きっと岡崎市の方々にも三塩さんの真面目さ、真剣さが伝わります!!三塩さん、こんにちは☀️いよいよ10月まであと少しですね。私も昨年25歳で選挙を初めて経験して、周りに助けられ

かえる舎 代表 齋藤和真さんから応援メッセージをいただきました。絶対いろいろな立場の人の声を聞き、寄り添うことができる。なっちゃんとは好きな曲が同じだ。「圧倒的に不利な立場でも信念をもって声をあげ戦う」ということを歌った曲だ。最高だろ。曲と同じで、なっちゃ

マネージングディレクター Kei Eriksenさんから応援メッセージをいただきました。社会の一員として常に出来ることは何かと探り続ける2014年のシアトルでのリーダーシッププログラム参加から現在に至るまで、教育に対する情熱と決意、若者への深い愛情と共感、社会の一員とし

↑このページのトップヘ