三塩菜摘のブログ

2020年10月、愛知・岡崎市議会議員選挙に3918票で当選(平成生まれ・最年少)。不登校からアメリカ留学、ベトナム就職、岡崎市NPOを経て起業、そして政治団体を設立。もっと希望を持って社会に羽ばたいていける若者が育つ環境を作るために!とある28歳の挑戦記録です。

三塩菜摘のブログ イメージ画像

応援の声

一般社団法人はぐネット代表理事 髙橋 美乃梨さんマグマのような内なる情熱と使命感を持った若者がいるまちの未来はきっと明るいです!私たちの街で、こどものまち事業を立ち上げる時にお世話になりました!初めてお会いした時から、凛とした真剣な想いが伝わってきました。

施設職員 鈴木百合さんから応援メッセージをいただきました。彼女ほど、一人ひとり違っているということを理解し、寛容性を持った人には会ったことがありません。私は、米国法人iLEAPプログラム参加時に三塩さんと出会いました。その当時、彼女はこれから卒業、まだ私はまだ

ハイスクールラボラトリー 代表 村瀬匠さんから応援メッセージをいただきました。学校教育をより良くしていくためには、学校教育の現場を深く理解して、行政予算の確保や学校支援を行う政治家が重要です。学校教育をより良くしていくためには、学校教育の現場を深く理解して

Social × Dialogue 主宰 後藤恵理香さんから応援メッセージをいただきました。“Think globally, Act locally.(地球規模で考え、地域で行動する。)”を体現している人です。三塩さんと同時期に教育の仕事に携わりはじめ、5年の年月が経ちました。また共に米国でリーダー

会社員 Zacka Hutamaさんから応援コメントをいただきました。(日本国は若者に投資すべきだと思います。)私は外国人ではありますが、コメントを書かせて頂きます。どの国においても、その国の未来は若者にかかっていると思います。日本国においてもそうです。その為、日本

↑このページのトップヘ